学科案内

ICTシステム・デザイン科

モバイルアプリコース

プログラム知識“ゼロ”から
スタートして「基本情報技術者試験」
合格を目指す

モバイルアプリを作成するためにはコンピュータの仕組みなどの基礎知識からWebやネットワーク、開発言語(Java)などたくさんの知識が必要になります。本コースでは知識ゼロからスタートし、「基本情報技術者試験」合格を目指します。1年次にはアンドロイドやiPhone上で動作するクロスプラットホームアプリを作成し、2年次にはアンドロイドのクラウドを利用したアプリ制作を学びます。みんなで「出来るエンジニア」を目指しましょう!

モバイルアプリコースの
ポイント

  • POINT1
  • プログラム知識ゼロからのスタートで、ロボアプリやスマートフォンアプリが作成できるようになる
  • POINT2
  • 自分にあったペースで予習や復習ができるeラーニングシステムを導入
  • POINT3
  • ゲームを素材に楽しく実習。Unityを使った本格的なゲーム制作にもチャレンジ
  • 目指す将来
  • モバイルアプリエンジニア
    プログラマー
    システムエンジニア
    システム運用・保守
    WEBプログラマー
  • 取得可能な
    資格・検定
  • ITパスポート(国)
    マイクロソフトオフィススペシャリスト
    WEBクリエイター能力認定試験
    ビジネス能力検定(ジョブパス)
    ビジネス著作権検定
    基本情報技術者試験(国)
    情報処理技術者認定試験
    Javaプログラミング認定試験
    Androidアプリケーション技術者試験

モバイルアプリコースの授業内容

おすすめ講座

特色あるカリキュラム
モバイルアプリ実習(1年)

オリジナルのアプリを企画、制作する実習です。比較的取り組みやすいJavaScriptを使ってミニゲームを作成。クラウド上のツールを使って開発するとともにAndroidやiPhoneで動くようにアプリ化して、自分のスマートフォン上で動かします。

就職に結びつくカリキュラム
情報処理基礎・応用

「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」は、システムエンジニアには必須の国家資格です。試験合格のために要点を押さえた講義とくり返しの練習問題で合格に導きます。試験直前には模擬問題など集中講義も行います。資格の取得で就職活動を有利に進めることが可能になります。

企業と連携したカリキュラム
プログラム実習(C#)

IT企業で実際に行われているシステム開発を題材に、C#言語で開発実習を行います。その企業で実際に活躍している現役プログラマーの指導による実践的な授業です。このカリキュラムからインターンシップを経て、そのまま企業に就職できた学生もいます。

卒業研究

3D東京タワー

3DCGソフト Blenderを使って、東京タワーを再現しました。実際の東京タワーの設計図とGoogleストリートビューを参考にして、鉄骨1つひとつ描き、周辺の景色にも配慮しながらリアルに再現しました。3DCGソフトの醍醐味である、視点移動を行いながらのアニメーション作成にもチャレンジしました。

Unityによるピンボールの研究

このピンボールは、プレイアブルキャラクターの考えを取り入れ、盤面にキャラクターを配置しました。キャラクターによって発動できるスキルが決まっており、プレイヤとしての自分の特性を考慮しつつキャラクターを戦略的に選択するといったゲーム要素を付け加え、今までにないピンボールになるように工夫しました。雰囲気の異なる4つのステージを用意し、スピード感や爽快感が得られるようにしました。

Unityで3Dゲーム作成

「Unity」という世界中で使われているゲームエンジンを用いて3Dアクションゲームを作成しました。肝になる部分ではC#というプログラム言語でプログラミングを行いました。広大なステージのデザインを2面作成し、敵キャラと主人公ユニティーちゃんの戦いが3Dで展開する作品です。

疑似3D脱出ゲーム

ゲームにはグラフィックが必須と考えて、2コースのメンバーが総力をつくして制作しま した。謎を解き、アイテムを取得しながらストーリが進んでいきますが、謎解きの楽しさばかりではなくグラフィックでも楽しむことができます。もちろんスマートフォンで動きます。

昨年度の時間割(1年生の例)

  •  
  • 1限

    9:20〜10:50
  • 2限

    11:00〜12:30
  • 3限

    13:20〜14:50
  • 4限

    15:00〜16:30
  • プログラミングα

  • プログラミングα

  • アルゴ総論

  • アルゴ総論

  • コンピュータ概論

  • 就職支援Ⅰ

  • 情報基礎

  • PC基礎(Exel)

  • Webプログラミング

  • ビジネス実務

  • photoshop

  • photoshop

  • 情報基礎

  • コミュニケーション

  • コンピュータ概論

  • プレゼンテーション

  • コンピュータ概論

  • Webプログラミング

  • プログラム基礎

  • ホームルーム

ICTシステム・デザイン科

モバイルアプリコースのFAQ

  • モバイルアプリエンジニアとはどんな職業ですか

    スマートフォン、タブレットで動くアプリケーション(プログラム)を開発する職業です。
    Java言語、C言語などのプログラム用の言語、XMLなどWeb上で動作する言語に関するスキル、ネットワークに関する知識が必要になります。
  • ゲームプログラマーになれますか

    コースで学ぶ学習内容はゲームに特化したものではありませんが、スマートフォンで動作するゲームアプリを作るのに必要な基礎的な部分は学習できます。学習の課題として簡単なゲームを作ることもあり、また卒業研究のテーマとしてゲームを作る学生もいます。ハードルは高いですが、ゲームプログラマーも就職先の一つとしてチャレンジ可能です。
  • モバイルアプリコースで取得できる資格・検定は?

    基本情報技術者試験、情報処理技術者能力認定試験、日商プログラミング検定、Java言語プログラミング能力認定試験、パソコン整備士などです。特に国家試験の基本情報技術者試験は特定の条件を満たせば一部試験が免除される認定校です。
  • 仕事をするのに資格は必要ですか?

    情報系の仕事は実力主義なので基本的に必須とされる資格は無く、だれでも仕事に就くことができます。ただ就職の際は資格・検定の取得が実力の証明として有利に働きますのでできるだけ多くの資格にチャレンジすることが必要です。
  • プログラムの学習は難しいですか?

    プログラムはコンピューターに作業の手順を指示する指示書です。この指示書を作るために①基礎的なコンピューターの動作原理を学習。②目的を達成するまでの手順を考えるアルゴリズムの学習。③指示書を書くための言語の学習などが必要です。基礎の基礎から段階的に学習をしますので初めてでも大丈夫です。

ICTシステム・デザイン学科 その他のコース