学科案内

ICTシステム・デザイン科

モバイルアプリコース

楽しく学んで、就職に役立つ
「基本情報技術者試験」の合格を目指す

モバイルアプリ作成には、コンピュータの基礎、Webやネットワーク、開発言語(Java)などたくさんの知識が必要になります。1年次にはアンドロイドやiPhone上で動作するハイブリッドアプリを作成し、2年次にはアンドロイドのクラウドを利用したアプリを制作。また、基本情報技術者試験の午前試験が免除される講座を開設。午後の試験問題に集中して取り組めるのも大きなポイントです。みんなで「出来るエンジニア」を目指しましょう。

モバイルアプリコースの
ポイント

  • POINT1
  • プログラム知識ゼロからのスタートでも、
    アプリが作成できる
  • POINT2
  • eラーニングシステム導入で、
    自分のペースで学習を進められる
  • POINT3
  • プログラムの基礎学習は、
    ゲームやロボットを使って楽しみながら学ぶ
  • 目指す将来
  • モバイルアプリエンジニア
    プログラマー
    システムエンジニア
    システム運用・保守
    Webプログラマー
  • 取得可能な
    資格・検定
  • ITパスポート(国)
    マイクロソフトオフィススペシャリスト
    Webクリエイター能力認定試験
    ビジネス能力検定(ジョブパス)
    ビジネス著作権検定
    基本情報技術者試験(国)
    情報処理技術者認定試験
    Javaプログラミング認定試験
    Androidアプリケーション技術者試験

モバイルアプリコースの授業内容

おすすめ講座

〈モバイルアプリ実習〉
(1年)

比較的取り組みやすいJavaScriptを使って、オリジナルのアプリを企画・制作して、友達と楽しむことができるミニゲームを作成します。クラウド上のツールを使って開発し、AndroidやiPhoneで動くようにアプリ化。自分のスマートフォンやタブレット上で動かすことができます。

〈ゲームプログラミング〉
(2年)

3DCGが比較的簡単に作成できるゲームエンジンUnityを使って実際にゲームを作りながらプログラムの学習を行います。UnityはC#という言語がベースで、ゲームの当たり判定などに必要となります。実際にゲームが思い通りに動いたときの感動を体験しませんか?

〈システム開発〉

システム設計に必要な要件定義、データ設計や外部設計などの書類の作り方から始まり、指示されたシステムを構築するまでの一連の工程を学びます。実際のシステム会社で行う作業工程を体感することができるので、仕上がった時の達成感やシステム構築に自信がつきます。

卒業研究

VRゲームの作成

音楽ゲームを作成しました。3D空間でプレイヤーに迫ってくる8レーンのノーツを音楽のリズムに合わせてコントローラーでヒットします。楽曲もオリジナルで作成し、自分の好きな音楽で遊べるデータ作成アプリも作りました。VRプログラミング、データ作成アプリ、楽曲と3人で分担し、チームワークで完成できました。

Unityによるピンボールの研究

このピンボールは、プレイアブルキャラクターの考えを取り入れ、盤面にキャラクターを配置しました。キャラクターによって発動できるスキルが決まっており、プレイヤーとしての自分の特性を考慮しつつキャラクターを戦略的に選択するといったゲーム要素を付け加えています。

Unityで3Dゲーム作成

「Unity」という世界中で使われているゲームエンジンを用いて3Dアクションゲームを作成しました。肝になる部分ではC#というプログラム言語でプログラミングを行いました。広大なステージのデザインを2面作成し、敵キャラと主人公ユニティーちゃんの戦いが3Dで展開する作品です。

疑似3D脱出ゲーム

ゲームにはグラフィックの完成度が重要と考え2コースのメンバーが総力をつくして制作しました。謎を解き、アイテムを取得しながらストーリーが進んでいきますが、謎解きの楽しさばかりではなくグラフィックでも楽しむことができます。もちろんスマートフォンで動きます。

昨年度の時間割(1年生の例)

  •  
  • 1限

    9:20〜10:50
  • 2限

    11:00〜12:30
  • 3限

    13:20〜14:50
  • 4限

    15:00〜16:30
  • プログラミングα

  • プログラミングα

  • アルゴ総論

  • アルゴ総論

  • コンピュータ概論

  • 就職支援Ⅰ

  • 情報基礎

  • PC基礎(Exel)

  • Webプログラミング

  • ビジネス実務

  • photoshop

  • photoshop

  • 情報基礎

  • コミュニケーション

  • コンピュータ概論

  • プレゼンテーション

  • コンピュータ概論

  • Webプログラミング

  • プログラム基礎

  • ホームルーム

ICTシステム・デザイン科

モバイルアプリコースのFAQ

  • モバイルアプリエンジニアとはどんな職業ですか

    スマートフォン、タブレットで動くアプリケーション(プログラム)を開発する職業です。
    Java言語、C言語などのプログラム用の言語、XMLなどWeb上で動作する言語に関するスキル、ネットワークに関する知識が必要になります。
  • ゲームプログラマーになれますか

    コースで学ぶ学習内容はゲームに特化したものではありませんが、スマートフォンで動作するゲームアプリを作るのに必要な基礎的な部分は学習できます。学習の課題として簡単なゲームを作ることもあり、また卒業研究のテーマとしてゲームを作る学生もいます。ハードルは高いですが、ゲームプログラマーも就職先の一つとしてチャレンジ可能です。
  • モバイルアプリコースで取得できる資格・検定は?

    基本情報技術者試験、情報処理技術者能力認定試験、日商プログラミング検定、Java言語プログラミング能力認定試験、パソコン整備士などです。特に国家試験の基本情報技術者試験は特定の条件を満たせば一部試験が免除される認定校です。
  • 仕事をするのに資格は必要ですか?

    情報系の仕事は実力主義なので基本的に必須とされる資格は無く、だれでも仕事に就くことができます。ただ就職の際は資格・検定の取得が実力の証明として有利に働きますのでできるだけ多くの資格にチャレンジすることが必要です。
  • プログラムの学習は難しいですか?

    プログラムはコンピューターに作業の手順を指示する指示書です。この指示書を作るために①基礎的なコンピューターの動作原理を学習。②目的を達成するまでの手順を考えるアルゴリズムの学習。③指示書を書くための言語の学習などが必要です。基礎の基礎から段階的に学習をしますので初めてでも大丈夫です。

ICTシステム・デザイン科 その他のコース