学科案内

医薬サポート科

メディカルサポートコース

病院・診療所・
歯科医院・調剤薬局と
広い分野で活躍できる人材を育てる!

情報システム化が進む医療業界で自信を持って仕事ができるようなカリキュラムのため、「医療事務」「医療秘書」「看護・歯科助手」に関する専門知識とコミュニケーション能力を身につけます。医療機関では、気分や症状の多様な患者様を相手にするため患者様に対して、そして内部でも必要とされるスタッフ育成に力を入れています。さらに、公的資格「医薬品登録販売者」も目指すこともでき、就職の幅が広がります。

メディカルサポートコースの
ポイント

  • POINT1
  • 難関資格である 主な取得検定・資格「診療報酬請求事務能力認定試験」「登録販売者試験」合格に向けたサポート体制
  • POINT2
  • インターンシップは病院・調剤薬局で実施
  • POINT3
  • 医療に関連する広い職業選択のできるカリキュラムが職業選択につながる
  • 目指す将来
  • 病院・医院医療事務・秘書
    歯科医院受付・歯科助手
    調剤薬局スタッフ
    メディカルクラーク
    医薬品登録販売者
  • 取得可能な
    資格・検定
  • 医科医療事務管理士/歯科医療事務管理士
    医療秘書2級/医事コンピュータ2級
    歯科アシスタント2級/看護助手
    医薬品登録販売者/調剤事務認定実務者
    CP技能認定試験ワープロ部門
    CP技能認定試験表計算部門
    ビジネス能力検定ジョブパス3級
    リフレクソロジスト

メディカルサポートコースの授業内容

おすすめ講座

特色あるカリキュラム
基礎医学

医療事務はカルテの内容を理解し、患者様の状況を把握して医療機関の中で連携がとれることが大切です。また、登録販売者は「人体のはたらきと医薬品」の分野が必要不可欠です。そこでメディカルサポートコース・健康アドバイザーコース共通に学ぶ分野として、テキストだけでなく人体模型を使いながら眼と肌で理解を深めていきます。

就職に結びつくカリキュラム
医療秘書

医療機関が求める人材は、「明るい笑顔の人」「あいさつがしっかりできる人」「協調性のある人」「忍耐力のある人」「行動力のある人」「健康な人」などが挙げられます。就職先で充実した社会人生活を送れるよう、皆で考えながら人間性を磨いていきます。

企業・医療施設と連携したカリキュラム
インターンシップ

1年間学んだ医学知識や医療費計算などの処理や、患者さまへの対応の仕方などを病院・薬局で体験します。現場の空気を知り、医療人としてのありかたを感じとり、これからの自分の就職を考える良いいチャンスとして取り組みます

インターンシップ学生の声

メディカルサポートコースでの3週に渡る病院・調剤薬局での実習は、
就職に直結する「働く力」「実践力」が身につき、自信を持って社会に出る準備もできます。
総まとめとしての介護施設でのボランティアはコミュニケーション力、
健康関連技術を発揮して自分の成長を確認できる良い機会になっています。

 

福田 みな美さん
福田 みな美さん実習先/みやじま内科

2週間あったインターンでは受付業務を中心に学びました。実際に患者様の応対をしながら問診票の記入のお願いをしたり、実際に書いていただいたものに記入漏れが無いか確認と現在の服薬状況なども合わせて行いました。その他には保険証のチェック、お会計など幅広い業務を経験。患者様が見えたら作業の手を止めてすぐに対応したり、年配の方にはゆっくりと大きな声で話すなど、実際に働く社員の姿を通してたくさんの気づきや学びを得ることができました。

 

島田 知佳さん
島田 知佳さん実習先/ 上山田病院

初めてのインターンシップは2週間あり、午前8時40分から午後5時10分まででした。毎日朝礼から始まり、挨拶の仕方や「おはようございます」「お待ちください」などを全員で唱和してから各自業務に入りました。私は主に患者様のカルテをパソコンに入力したり、レセプトをまとめる作業を行いました。後半2日間は外来の受付の様子を学んだりも。期間中は常にメモを取り、わからない点はすぐに相談や確認。学んだことは今後に活かしていきたいです。

 

清原 萌々香さん
清原 萌々香さん実習先/りぼん薬局

6日間の実習では主に、受付、お薬手帳のシール貼り、薬を渡す時に封入する薬の説明書の印刷、掃除などを行いました。学園では手書きでレセプトを書く練習をしましたが、薬局では直接パソコンに入力します。間違いなく的確に、しかし早さも必要で慣れるのに時間がかかりました。目の前にこども病院があることからお子様連れの方も多く訪れ、季節によってはインフルエンザの方も見えます。病状が悪化している患者様には車で待っていただくなど、一人ひとりの様子を見て臨機応変に対応する大切さを学びました。

昨年度の時間割(1年生の例)

就職先を想定した現場での実習を重視しています。
学内の授業で学んだことを現場で活かし、臨機応変に対応する力をつけることに重点をおいた
カリキュラム・行事(医療機関見学・ボランティアなど)を組んでいます。

  •  
  • 1限

    9:20〜10:50
  • 2限

    11:00〜12:30
  • 3限

    13:20〜14:50
  • 4限

    15:00〜16:30
  • コミュニケーション

  • 医療事務A

  • 医療事務A

  • 基礎医学Ⅰ

  • 就職支援Ⅰ

  • 医薬品Ⅰ

  • 基礎医学Ⅰ

  • ホームルーム

  • パソコン基礎Ⅰ

  • 基本マナーⅠ

  • 医療保障Ⅰ

  • 医療概論

  • 医療事務A

  • 医療事務A

  • 医薬品Ⅰ

  • ホームルーム

  • ビジネス実務Ⅰ

  • 医療事務A

  • スポーツ健康学

  • スポーツ健康学

医薬サポート科

メディカルサポートコースのFAQ

  • 何を学べるのですか?

    1.医療費の請求書(レセプト)の作成方法について、医科・歯科・調剤と学び、また、医薬品登録販売者試験(国)合格に向けても学びます。
    2.医療に関する制度を学びます。
    3.健康に関する知識と技術を学びます。
    4.社会人として、医療機関で働くための智恵をつけます。
  • 2年間必要ですか?専門学校でも1年制があったり、短期集中の講座を聞きますが。

    医療事務の基本となる医療費の明細書(レセプト)の作成だけなら短期間でも可能ですが、メディカルスタッフとして仕事をするには、事務処理だけでなく関連する幅広い知識があることで、責任のある仕事ができ、信頼を得ることができます。社会に自信を持って出て行かれるようにすることを大きな目標としています。
  • 就職はどうですか?

    1.高就職率を維持しています。29年3月卒業生は100%でした。
    2.医療機関90% その他10% にお世話になっています。
    3.医療機関としては総合病院、診療所、歯科医院、調剤薬局、ドラッグストアなどです。
    4.卒業生が大勢活躍していることにより、毎年多くの求人をいただいています。
  • 就職に向けてどんなことがありますか?

    医療現場での経験が大切と考え、次のことを実施しています。
    1.医療機関でのインターンシップ
    2.医療機関などの見学
    3.老人施設でのボランティア
  • 医療事務に関する検定試験は何がとれますか?

    医科医療事務・歯科医療事務・調剤事務 の三つ。
    医科医療事務に関しては、全国一斉に実施される「診療報酬請求事務能力認定試験」にも挑戦しています。
  • ほかに検定はどんなものが取得できますか?

    専門分野では、看護助手・医事コンピュータ・歯科助手・ケアコミュニケーション
    ビジネス系では、B検ジョブパス・サービス接遇
    コンピュータ系では、ワープロ・エクセルなど
    ほかに、POPやラッピングも取得できます。
  • アロマコーディネーターはなぜ取り入れているのですか?

    「待合室に香りがただよい、体調の悪い患者さんが少しでも気持ちがらくになったら」が最初の理由です。しっかり勉強すれば、就職にも有利ですね。授業も楽しくやっていますよ。
  • 歯科助手の資格もとれるのですか?

    資格は民間のものしかありませんが、検定試験で資格取得ができます。
    当学園では、歯科衛生士科もあるので歯科医院と同様の設備で実習も実施するので、就職しても即戦力として働けますよ。
  • 検定以外に学ぶ授業はどんな科目がありますか?

    学園として人間力を高めることをめざしているので、それに関連する授業は「コミュニケーション」「ビジネス実務」があります。
    ほかに、“プラスα”としている授業もたくさんあります。
    信頼される医療スタッフになるためのカリキュラムを常に考えています。
    それは是非、オープンキャンパスで体験してほしいですね。
    先輩たちから「とても役に立っている」とよく耳にします。

医薬サポート科 その他のコース