学科案内

医薬サポート科

健康アドバイザーコース

有償実習で即戦力かつ実力ある
「医薬品登録販売者」になろう!

学内授業と現場での実習(有償実習)で、薬や健康または生活習慣に関するお客様からの相談に応えられる幅広い知識・技術・カウンセリング能力を習得。即戦力となれる実力派の「医薬品登録販売者」を目指します。また、美容の知識(基礎や実践)も学ぶことができます。有償実習なので、収入は学費や生活費にもあてられます。幅広い業界で必要になっていく有望な「医薬品登録販売者」資格を習得しましょう。

健康アドバイザーコースの
ポイント

  • POINT1
  • ドラッグストアでの1年間の実習で「働く力」と「実践力」を習得
  • POINT2
  • 有償実習の収入は1年分の学費に相当。
    業務経験は薬店の開業ができる実務研修にもカウントされる
  • POINT3
  • 販売スタッフ・管理者の必要知識全般を学べる
  • 目指す将来
  • 医薬品登録販売者
    調剤薬局スタッフ
    販売スタッフ
    ビューティーアドバイザー
    リフレクソロジスト
  • 取得可能な
    資格・検定
  • 薬学検定
    リテールマーケティング(販売士)検定試験3級
    小売業計数能力検定
    POP広告クリエーター/商業ラッピング検定
    医薬品登録販売者/調剤事務認定実務者
    CP技能認定試験ワープロ部門
    CP技能認定試験表計算部門
    ビジネス能力検定ジョブパス3級
    リフレクソロジスト

健康アドバイザーコースの授業内容

おすすめ講座

医薬品

安心して薬を購入していただけるよう詳しく分かりやすい説明ができる登録販売者になるために、医薬品が人に与える影響や医薬品の種類・成分などを、図やイラストを用いて理解を深めます。難解な分野なので試験合格のために、覚えた知識をくり返し確認します。

登録販売者総論

お客様から「風邪でせきがひどい」「痛み止めを家族で使いたい」「鼻炎薬で眠くならない薬がほしい」など、コミュニケーション事例をもとに、販売時のポイントを抑えた接客シュミレーションを実施し、販売テクニックを学びます。また、企業研究も行いながら就職支援も行います。

デュアルエディケーション実習

薬局やドラッグストアでの現場実習(有償)は、利用者との対話やスタッフとのコミュニケーションなどから医薬品の販売スキルを高め、さまざまな業務経験から店舗運営についても学ぶことができます。学生の段階から現場でたくさんの経験を積むことで、社会人としての基礎やプロ意識をいち早く身に付けることができます。学校の単位として認定されるので、学費をまかなうこともできます。

デュアル実習 実習学生の声

1年生の8月から2年生の7月までの1年間、午前中は学内で授業、午後は実際のドラッグストアで実習、というスタイルの学び方をします。
ドラッグストアは自宅付近で選ぶことができ、実習は有償(1か月80時間)なので、1年間のデュアル実習(有償実習)で約80万円、1年分の学費に相当する収入を得ることができます。
実際のドラッグストアで実務経験を積み、コミュニュケーション能力を高めた上に収入まで得られる、これがデュアル実習(有償実習)の魅力です。

 

山本 爽可さん
山本 爽可さん実習先/ココカラファイン長野若里店

月86時間という実習時間が設けられているので、週3〜4日実習に入っています。主にレジ打ち、品出し、前出し、棚替え、掃除、ゴミ出しの作業がありますが、日によって業務は異なります。さまざまな年代の方が訪れるので、笑顔で親しみやすい接客を心がけています。社員の方がお客様に薬のアドバイスをする内容を聞き、商品や薬の知識を覚えています。困っているお客様がいたら声かけしていけるよう頑張りたいです。

 

三井 拓実さん
三井 拓実さん実習先/アメリカンドラッグ飯山本町店

基本的には午後4時または午後5時から実習に入り、閉店時間までさまざまな業務を行います。特にポイントデーなどはたくさんのお客様が見えるので、テキパキと進めるようにしています。現在は店内の商品の場所を把握して案内できるようになりました。薬については勉強中なので、品出しをしながら成分を覚えるようにしたり、店長から教えてもらったことはすべてノートにメモを取るなど工夫しています。

昨年度の時間割(1年生の例)

就職先を想定した現場での実習を重視しています。
学内の授業から学んだことを現場で活かし、臨機応変に行動に移せる力をつけることに重点をおいて
カリキュラム・行事(医療機関見学・ボランティアなど)を組んでいます。

  •  
  • 1限

    9:20〜10:50
  • 2限

    11:00〜12:30
  • 3限

    13:20〜14:50
  • 4限

    15:00〜16:30
  • コミュニケーション

  • 販売計数

  • デジタルPOP

  • 基礎医学Ⅰ

  • 就職支援Ⅰ

  • 医薬品Ⅰ

  • 基礎医学Ⅰ

  • ホームルーム

  • パソコン基礎Ⅰ

  • 基本マナーⅠ

  • 医療事務E

  • 医療概論

  • 販売理論Ⅰ

  • ラッピング

  • 医薬品Ⅰ

  • ホームルーム

  • ビジネス実務Ⅰ

  • 販売理論Ⅰ

  • スポーツ健康学

  • スポーツ健康学

医薬サポート科

健康アドバイザーコースのFAQ

  • 登録販売者はどんな資格ですか?

    一般用医薬品のほとんどを販売できる、都道府県知事認定の公的な資格です。
  • 登録販売者の役割はどんなことですか?

    一般用医薬品の購入者へ情報を提供したり相談に対応することです。
  • 登録販売者にはどんな知識が必要ですか?

    身体の構造・働きや薬のはたらく仕組み・副作用などの知識と、一般薬販売に関する法令・制度などです。また、購入者とのコミュニケーションがとれることも必要です。
  • 登録販売者の資格があるとどんな所で働けますか?

    現在はドラッグストアではなくてはならない存在になりました。 
    その他スーパー、コンビニエンスストア、ホームセンター、スポーツショップ、電気量販店でも医薬品販売が広がり、働く先は増えています。
  • 登録販売者試験の受験資格はどうですか?

    2年間の実務経験を経た上で受験・合格した場合は「医薬品登録販売者」
    実務経験がなく、受験・合格した場合は「研修中登録販売者」

    といった具合に合格時の資格が異なります。
    研修中登録販売者が医薬品登録販売者になるためには、合格後さらに2年間の実務経験が必要になってしまいます。

    長野平青学園では在学中に最低1年間の実務経験を得ることができ、医薬品登録販売者になるために必要な実務経験を短縮する事が可能です。
  • 登録販売者試験合格率はどうですか?

    長野県の合格率は、1年目は75.5%と56.0% 2年目51.4% 3年目45.1% 4年目46.3%と次第に難度が増しています。
    昨年度の合格率は全国平均46.0% 長野県の平均は39.8%でした。
    平青学園の登録販売者試験合格率は95%です。
  • 在学中に得られる実務経験とは?

    1年次の9月から2年次の8月までの1年間、ドラッグストアで実習をさせていただきます。もちろん収入もあります。経済的にも有利ですね。
    この実習経験は累計の実務経験に含まれ、多くの学生は実習契約終了後もアルバイトとして継続し、入社後最短での医薬品登録販売者を目指します。
    実習期間の収入は実習先によって相違しますが、例えば時給800円なら、1ヵ月80時間勤務で約6万円の収入、年間76万円の収入は1年分の学費に相当します。
  • 健康アドバイザーコースのセールスポイントは何ですか?

    カリキュラムに販売士の授業も取り入れマーケティングも学ぶので、ドラッグストアで即戦力となれる力をつけられます。また、調剤薬局事務員としての知識もつけるので、医薬品を扱う分野で広く就職を考えることができます。
    学外実習があるので奨励金を設定しました。学費が実質減少になるので、学費・生活費にも余裕が出てきます。
  • メディカルサポートコースとの関連はどうですか?

    医学の分野、調剤事務、健康に関する技術など共通に学ぶ内容は、医療従事者として共に自覚をもって学んでほしいですね。

医薬サポート科 その他のコース