キャンパスライフ

先輩インタビュー

三ツ井 友紀 さん
  • 三ツ井 友紀 さん
  • テクニカルエンジニアコース 2年
  • 長野俊英高等学校 卒業

電気や通信などものづくりの現場で活躍できる
国家資格を取得できるのが魅力です。
ドローンなど使った実習もあるので
最新の機器に触れる機会があるのも
学びがい、やりがいにつながります!

ICTシステム・デザイン科を詳しく見る 

Q1 平青学園の志望理由

家から車で通勤できる範囲で進学できるところを探していました。パンフレットでカリキュラムを見た時にドローンに関する授業があったのに魅力を感じました。さまざまな魅力あふれる授業も多く、楽しんで学べるのではないかと考えて志望しました。

Q2 入学して良かったところ

同じコースにいる人たちはみんな良い人たちばかりです。入学するまでは人や環境になじめるか心配する面もありましたが、今はにぎやかに、元気に過ごせています。後はこの学園に来て初めてペッパー君を見たのですが、それも嬉しかったです。

Q3 特に面白い授業を教えて

①ドローンの実習
1人1個ずつ持って、実際にドローンを飛ばしてみる実習です。実際に操作してみると、意外に難しいなと感じました。最初は思うようにコントロールできず苦戦しましたが、上手に出来るようになると嬉しいです。
②電気基礎
高校までに学んだことがない授業でしたが、電気の流れなどさまざまな仕組みについて学べます。

Q4 EQの授業で役立ったこと

3人が1つのグループになって話し手、聞き手、観察者の役を順番にやっていきます。小学校から高校までのことや休日はどのように過ごすかなど、いろんな角度から人の会話を聞くうちに、人が話している時は、最後までしっかり聞くよう心がけるようになりました。

Q5 企業連携授業・校外実習はどう?

インターンシップで市内の制御機器開発を行っている企業にお世話になりました。信号機やエレベーターの制御などに使われている「シーケンサー」というコンピュータを使い、配線のハンダ付けからプログラミングまで体験することができました。まだまだ自分の技術が不足していることを実感し、今後も勉強を一生懸命やらなければと思いました。

Q6 今後の夢は?

ものづくりが出来る仕事に就くのが夢で、長野県内で精密部品や加工部品などを作る製造業に就きたいです。体力と継続する力には自信があるので、学生のうちに学べることをしっかり吸収することと、資格を取得できるようにがんばりたいです。

Q7 授業以外は、どんな時間が楽しいですか?

電気基礎やビジネスなどの自主学習をする時間が楽しいです。かつては清掃委員会に所属するほど趣味は掃除なのですが、授業が始まる前に白板を光るまで一面美しくするのが好きです。また校内にあるレストランの日替わりランチをどれにしようか選ぶのも日々の楽しみの1つです。