キャンパスライフ

先輩インタビュー

  • 福田 みな美さん
  • メディカルサポートコース 2年
  • 篠ノ井高等学校 卒業

将来は歯科医院の受付をしたい!
就職に役立つ資格を
たくさん取得できるので、
着実に自信を持つことができ
ステップアップにつながります。
先生たちが優しいのもポイント!

医薬サポート科を詳しく見る 

Q1 平青学園の志望理由

将来は事務職の仕事に就きたくて、そのために何をすれば良いのか探して医療事務にたどり着きました。長野県内での進学を考えていたところ、長野平青学園で医療事務について学べることを知りました。オープンキャンパスの模擬授業では薬の成分のことやパソコンについて学びました。その時の先生たちの雰囲気も良くて志望しました。

Q2 入学して良かったところ

就職に役立つ資格がたくさん取得できることです。1年次には医療事務検定、秘書検定、ワード検定、医事コンピューター検定などの資格を取りました。
もう1つは志望理由にもつながりますが、先生たちがみんな優しいです。相談したり、話せる距離感が学びやすさにつながっていると思います。

Q3 特に面白い授業を教えて

「医療事務」
診療点数を調べて医療費を計算する授業です。医療事務の仕事をするのに欠かせないものなので、将来のためにがんばっています。
「医薬品」
薬の成分や効果を学ぶ授業です。普段使用している薬について知ることができ、日常生活にも役立ちます。
「パソコン」
ワードやエクセルなど、一般的なパソコンの使い方を学んでいます。パソコンのスキルが高まっていくと、操作するのが楽しいです。

Q4 コミュニケーション能力育成授業やEQの授業で役立ったことを教えて

私はこれまで自分から積極的に話しかけることはなく、どちらかと言えば聞き役でした。この授業を通して今まで気がつかなかった自分の性格を知ることができました。また自分からも話をしていくことの大切さや、会話する特訓にもつながっています。

Q5 入学するにあたり、迷ったり、悩んだことは?

「わざわざ進学してまで事務の勉強をする必要があるのか」「勉強が難しくてついていけないのでは?」と迷ったことはありました。でも長野県内での就職をサポートしてくれる体制が整っていることや、オープンキャンパスでの印象がとても良かったので、今は問題ありません。

Q6 卒業後の夢は?

歯科医院の受付をすることです。元々は歯科医師になりたかったのですが、小さい頃通っていた受付事務の方がとても綺麗で憧れていました。私もそんな存在になれたらいいなと思います。

Q7 後輩へのメッセージ

先生たちが優しい学校です! 「私でも大丈夫かな」という不安も一緒に解決してくれるので、安心して通えます。また学生同士の交流を深めるスポーツ大会などもあって、楽しいですよ。