キャンパスライフ

FAQ

モバイルアプリ・クラウドコース

  • モバイルアプリエンジニアとはどんな職業ですか

    スマートフォン、タブレットで動くアプリケーション(プログラム)を開発する職業です。
    Java言語、C言語などのプログラム用の言語、XMLなどWeb上で動作する言語に関するスキル、ネットワークに関する知識が必要になります。
  • ゲームプログラマーになれますか

    コースで学ぶ学習内容はゲームに特化したものではありませんが、スマートフォンで動作するゲームアプリを作るのに必要な基礎的な部分は学習できます。学習の課題として簡単なゲームを作ることもあり、また卒業研究のテーマとしてゲームを作る学生もいます。ハードルは高いですが、ゲームプログラマーも就職先の一つとしてチャレンジ可能です。
  • モバイルアプリ・クラウドコースで取得できる資格・検定は?

    基本情報技術者試験、情報処理技術者能力認定試験、C言語プログラミング能力認定試験、Java言語プログラミング能力認定試験、パソコン整備士などです。特に国家試験の基本情報技術者試験は特定の条件を満たせば一部試験が免除される認定校です。
  • 仕事をするのに資格は必要ですか?

    情報系の仕事は実力主義なので基本的に必須とされる資格は無く、だれでも仕事に就くことができます。ただ就職の際は資格・検定の取得が実力の証明として有利に働きますのでできるだけ多くの資格にチャレンジすることが必要です。
  • プログラムの学習は難しいですか?

    プログラムはコンピューターに作業の手順を指示する指示書です。この指示書を作るために①基礎的なコンピューターの動作原理を学習。②目的を達成するまでの手順を考えるアルゴリズムの学習。③指示書を書くための言語の学習などが必要です。基礎の基礎から段階的に学習をしますので初めてでも大丈夫です。

グラフィックデザインコース

  • グラフィックデザインコースの特長は?

    パソコンを使って雑誌やポスター、広告物など、商業印刷物や企業でのWebページ(ホームページ)を創る専門技術を学びます。
    このコースではiMac(Macintoshパソコン)を使い、広告デザイン業界と同じ環境を整備し、本格的なオペレーション技術を修得することができます。
    企業実習では、企業の方、商店の方と一緒にチラシやWebページを作成していきます。それにより、社会人で必要となる、ビジネスマナーやビジネススキル、コミュニケーション能力を磨きあげることができます。
  • グラフィックデザインコースではどんな分野に就職するのですか?

    デザイン会社、広告代理店、印刷会社、企業の広報宣伝部門、製本会社、Webデザイン会社、システム開発会社、一般企業(営業、総務)ネットショップ経営会社などです。
  • グラフィックデザインコースでは主にどんな勉強をするのですか?

    iMac(Macintoshパソコン)を使ってデジタル出版物を制作する他にも、キャラクターデザイン、Webページ制作、色彩デザイン、鉛筆デッサン、一眼レフカメラ撮影技法、デジタル動画、ネットワーク、jQuery(Javascript)など最先端技術を幅広く学習します。
  • グラフィックデザインコースではどんな資格を取得できますか?

    DTP検定、色彩検定、フォトショップ検定、イラストレーター検定などデザイン関連の資格や、Webデザイナー検定、Webクリエイター能力認定試験などデザインに必須の資格をたくさん取得できます。
  • グラフィックデザインの技術の修得は、初心者でも大丈夫ですか?

    イラストや写真や雑誌が好き、絵(落書きもOK)を描くのが好きであれば大丈夫です。
    その好きという思いがあれば技術レベルはどんどん向上します。
    iMac(Macintoshパソコン)の操作は入門から高度な技術まで丁寧に指導しますので、全く心配は要りません。

テクニカルエンジニアコース

  • テクニカルエンジニアコースではどんな勉強が必要ですか?

    電気・電子の学習を中心にしてコンピューターを使った制御技術が学習できます。カリキュラムは電気基礎、電気工事実習、通信技術、C言語、組み込みコンピューター、シーケンス制御、ロボット制御、CAD、CAM、ドローン実習などの授業があります。電気工事から製造分野まで幅広く、ものづくりのプロを目指します。
  • テクニカルエンジニアコースは、どんな能力が必要ですか?

    電気の理論や回路の計算など理数系の能力が必要です。ただし基礎から学習し、試験対策は重点ポイント中心の講義になりますので、多少苦手でもやる気さえあれば大丈夫です。
  • テクニカルエンジニアコースでどんな資格がとれますか?

    コース最大の目標は第二種電気工事士(国家資格)を取得する事です。1年次秋(任意)と2年次春に筆記、実技試験を受けます。
    2回のチャンスを有効に使って目標達成をかなえます。
    また消防設備士、ネットワーク接続技術者「工事担任者」などを目指し、合計3つの国家資格に挑戦します。
  • テクニカルエンジニアコースでどんな職業につけますか?

    電気工事会社で電気工事や電話、パソコンなどの通信ネットワーク工事の仕事につける他、組み込みシステムのエンジニアや製造業の設備管理など幅広い就職先があります。将来は独立して電気工事士として働く事もできます。
  • ドローンはどんな仕事に使うのですか

    ドローンは様々な分野で利用が検討されている最先端の機器です。現在仕事としては映像制作の分野で活躍しているほか、橋梁や建築物の診断、測量といった工事分野で活用が始まっています。法律など基礎的な知識を有し、操縦技術をマスターしなければ安全な運用ができません。テクニカルエンジニアコースではドローンパイロットを目指すカリキュラムを実施しています。