長野平青学園

就職支援授業

就職へのステップ

就職までのスケジュール

STEP1 基礎力を育てる 就職支援授業1

長野平青学園では、人や社会と良い関係を築く能力を身につけ、社会人として必要な基礎力をつけることを目的に、「コミュニケーション」「ビジネス実務」の授業を全学科に取り入れています。さらに、社会で必要とされる基礎学力を身につける講座のほか、医薬サポート科や歯科衛生士科においては医療分野における患者様との応対マナーやカウンセリング手法など医療に特化したコミュニケーション方法を学びます。

  • 自己理解

    自分を知らずして、コミュニケーションはあり得ません。長野平青学園ではまず自己理解を通して自分の良さを知り自信をつけ、人とのコミュニケーションへと繋げます

  • コミュニケーション

    社会は上司や部下、お客様、患者様などたくさんの人との結びつきで成り立ち、コミュニケーションは必要不可欠です。まずは自分自身の理解を進める「自己理解」。その理解した自分をどのように相手に伝えていくかという「自己表現」などを通して、社会人に必要なコミュニケーション力をつけます。

  • 基礎学力

    高校までに培った学力の中から、社会人として求められ、社会現場で役に立つ項目を学びます。これらの学びは採用試験で求められる知識の基礎にもなります。

  • ビジネス実務

    社会人に必須のスキルであるビジネスマナーやルールを習得します。実践的な授業が多いので、より深く理解することができるのが特徴です。

STEP2 働く気持ちを高める 就職支援授業2

就職を考える時には「自分が何のために働くのか」、その意味や目的をしっかりと理解し、めざす職業を明確にすることが重要です。長野平青学園は、専門力と人間力を高める授業に加え、就職へのモチベーションを高める「就職支援授業」が充実しています。希望の就職を叶えるために必要な能力と就職活動のノウハウを身につけながら、就職へのモチベーションを確実に高めていきます。

  • 働くことへの動機付け

    「働く」って、たいていの人にとっては不安だったり厳しいことのように考えがちですが、多くの人たちと巡り会い、大きな成長ができ、周りの人々から感謝され、評価を受けるといった楽しくやりがいに満ちたことでもあります。そんな「働く」の楽しさを自分なりに理解し、動機付けを行うことで「働く」に向けての意欲が湧いてきます。

  • 職業理解

    高校を卒業したばかりの学生が将来について考えた時、どれだけの企業や職業を知っているでしょう? 代表的な職種の現場経験から企業現場での楽しみや必要とされる考え方などをお聞きする機会やさまざまな企業・職業を学生自身が調べ、理解することで志望する職業がしだいに見えていきます。

STEP3 就活スキルを磨く セミナー・講座・トレーニング

長野平青学園では、「こんな仕事がしたい」という学生の希望と、「こんな人材がほしい」という企業のマッチングを図り、希望の就職実現を応援しています。何が就職活動に必要なのか分からない学生に対して、インターンシップ(職業体験)をはじめ、キャリアコンサルタントが就職に関する情報提供から精神的バックアップまでが親身にサポートするなど万全の態勢を整えています。

  • スーツ着こなし講座/お化粧講座

    どんな時も、第一印象は想像以上に大切です。どんなに能力が高くても、見た目で悪い印象を与えてしまっては大きなマイナスです。社会人として身につけるべき身だしなみを動作、立ち振る舞いなどを交えて学びます。

  • 履歴書講座

    履歴書は、自分自身をアピールする大切なプレゼンテーションツールです。書類審査でつまづくことなく、次のステップに進めるよう読み易い字の書き方から、アピールする履歴書の書き方までを徹底的にトレーニングします。

  • 模擬面接/SPI・就職試験対策

    面接・試験においてもより良い結果を得るためには、自分らしい自己アピールとトレーニングの反復が必要です。緊張しがちな本番で最大限に実力が発揮できるよう、模擬トレーニングを繰り返します。また、筆記試験の対策としての基礎学力講座も充実させています。

  • キャリアカウンセラーが常駐

    就職活動には迷い、悩み、不安はつきもの。3名のキャリアカウンセラーが常駐し、就活に関する様々な悩みにしっかりと対応します。